宅地建物取引士の上位資格であるコンサルティングマスターの資格を更新しました。早いもので免許番号(4)になるそうで、あれから僕が何かを信じてこれて、もう16年経ったんだなって思いました。その頃から愛用しているomegaのクロノグラフは今も一緒に時を刻んでいます。今も僕も毎日を大切に一所懸命に生きているんですが、50才になると毎日が速い。恐ろしく速いなあと感じます。そんなこんなでライフワンは来年には宅建業免許(3)になります。定年もなくて、長ーく活躍できるのが不動産業や個人事業のメリット。僕は何らかの形で一生現役で健康で輝いていたいと思っています。たぶん限界なんてない。限界なんて自分が決めてしまうものだと。そう思えるようになりました。
世界・街・旅 · 23日 3月 2019
松尾芭蕉さんが歩いた千住宿~草加宿へ

世界・街・旅 · 20日 3月 2019
海外ホテルで見た事があった、そのまんまのココナッツ。これにストロー差してココナッツ水を飲むのがオーガニックな感じで。最近ココナッツオイル(短鎖脂肪酸)の効用について興味があるんだと言ったら、ナイジェリア人のオーナーDさんから2つ頂きました。Dさんのビルのテナントのヴェトナム人から買ったんだそう。初めて自分で穴を開けたんですが、途中で2度くじけそうになるくらい固いんです。トムハンクスさんも映画でココナッツに穴をあけるの苦戦してたシーンがあったよなって思い出しました。ココナッツ入りカレーや、ココナッツのピリ辛ヌードルラクサ。僕は好物です。
世界・街・旅 · 17日 3月 2019
この日は、旅と本と珈琲omotesandoにて打合せ。隠れたデートスポットとしても活用されているみたいですが、僕は単に、猿田彦のおいしいコーヒーと、世界を紹介する珍しい本が置いてある事と、旅行まで選べるこの場所が気に入りました。こういう空間を創りだしたHIS澤田イズムとでも言うんでしょうか、僕にはとても心地良い空間。思えば僕が日暮里の伊藤さんに偶然出会って仕事も頂いて、当時飛行機に乗った事すらなかった僕が、世界を見たいと行動を始めてからもう20年・・。具体的に頑張れば行きたい場所にも行けるものなんだと実感できるようになった今、もっと世界を見て自分に挑戦し続けようと思っています。成層圏まで旅できる時代は僕等の目の前にあるんだそうです。大いに夢を見よう、そして行動しよう!

早いもので23年3月11日から8年ですね。忘れないという事も大事、でもマイナスの感情を抱えてずっとそこで苦しんでるなら、次に進む事がもっと大事だと思います。思えばこの年、僕はサラリーマンを卒業しました。何度かキツイ思いが待ち受けててギリギリの戦いもしました。自分と闘う事を諦めてしまえば、それは「失敗」かもしれない。でも今日1cmでもいいから前に進もうと食らいついてたら、「失敗」と思ってた事が「経験」に進化しました。成功とか失敗って、その人自身が決められる事で、誰かにとやかく言われることでは絶対にないんです。次どうする?、なにからも縛られず心を解き放てばいいんです。この写真はヨーロッパで見かけたモチーフ。これをデザインしたまだ見ぬあなたへ。僕の心をあたたかくしてくれてありがとう。あなたの行動の結果が、僕のような名もなきアジア人によってバタフライエフェクトのように世界にさざ波を広げてく事もあるかもしれません。有名なバンクシーだって、もしかしたら似たような動機で絵を描いているかもしれません。絶対失敗しないとしたら、貴方は何をやりますか?僕はやりたい事が決まってます。そして増え続けています(笑)
柾目とか、虎目とかいうギターが好きだからか?建築が好きだからか?単なる香りフェチなのか?子供の頃から僕は木が好きなんですよね。ヒノキ、ヒバ、ユーカリが特に好きですね。桜のチップは燻製が美味しくができるとか、食い物的な話もあるんですが・・・。現在主流の集成木材は丈夫だしエコでいいのですが、僕は、木そのものが持つ力というか、地球の恵みと言うか、そういう自然なモノに惹かれます。高いんですけどね、命のパワーを分けてもらえる。そんな気がするんですよね。

世界・街・旅 · 04日 3月 2019
サイゴン、ハノイ、ホーチミン。音楽を通じてベトナムの都市名を知り、ディエンビエンフーというベトナム戦争を描いたマンガも読み、7月4日に生まれて、プラトーン、フォレストガンプ、地獄の黙示録、フルメタルジャケットなどアメリカから見たベトナムに関する映画もたくさん見ました。僕はオセアニアに定期的に行くので、インドネシアやベトナム、ミャンマー、マレーシアあたりの方が近年とても豊かになり増えている事を肌で感じ、それら映画等の情報は遠く昔の事だと認識してはいましたが。今日、当社では初めてベトナム人の不動産投資家さんと契約し不動産投資も新たなステージに入ったと感じました。入居者階層のベトナムの方がものすごい勢いで増えていますが、およそ20年前に難民として移住してきた彼らの中の頑張った一部の方がすでに投資家階層に上がっている事を痛感。あと5~10年くらい?、ひとしきりアジアが繁栄した後は、豊富な鉱物資源をバックにアフリカの時代が来ると僕は思っています。すでに高級外車を乗り回すアフリカ系難民が草加界隈に出てきてますし、当社はアフリカ系の投資家もいます。半径5mのくだらない人間関係に何度か心を囚われたこともある僕としては、世界は広いよ、そして君が抱えてる問題は小さいよ!と発信しなきゃって思うんです。
この日は台湾の金融機関、兆豊國際商業銀行さんにて決済でした。東京駅周辺には台湾銀行、玉山銀行、國泰世華銀行など台湾系の銀行はいくつかあるそうですし、東京駅からの道中にあるbank of indiaや、bank of indonesia,、僕にも馴染みが深いaustralia newzealand bank...

今日はオーナーのKさんと浦和某所で打ち合わせ。Kさんは秋田出身ですが、秋田は豊かな水とコメ、その二つから生まれる酒も名産。日本が誇ってきたコメは消費量が年々が減っているそうです。妻がグルテンアレルギーのため、グルテンフリーを研究中の僕としては、その日本の名産である米粉を使って世界でビジネスが出来て、世界の人の役に立てたらこんなに良いことはないんじゃない?って話してました。この天日干しのフルーツは頂き物ですが、天日に干しただけでこんなに豊かになるんだって気づかされます。こうやって素材のポテンシャルを引き出すチカラ。不動産投資も似ています。世界を見て、市場分析して、素材(物件)のチカラを活かせれば、オンリーワンの投資を提案できるだろうと。要は、自分がどう考えて、どう行動するかが大事ってコトだと思うんです。僕は、見えるものからはもちろん、見えないものからさえ感じるチカラをもっと伸ばしたい。そう思っています。
世界・街・旅 · 23日 2月 2019
当社のオーナーさんの一人が住む松伏町。駅はないのですが、越谷市に隣接した住みよい街でまだまだ伸びしろがある街と言えます。風が強いせいか風車があり、「マップー」というゆるキャラが頑張ってます。Wさん、おいしいクッキーの差し入れ有難うございました!!埼玉東部は東京から20~30km内で穴場がいっぱいなんですよ。ブルーカラーは多いし、城南地区とは違い、アングロサクソンじゃない普通の外国人が多い。人と同じことしてもあまり儲かりません。だからみなさんで、宝探し、トレジャーハント、不動産投資しましょう!!私達がアインクラッド第100層までガイドします。(いいんです・・。知る人ぞ知る話)

さらに表示する