僕は1年くらい前から、ROLLBAHN社の方眼紙ノートにやりたい事を綴っています。先日たまたま妻が図書館で借りて来た本(しかも2冊って・・)。それには外資エリートさん達も方眼紙ノートを使っていると、しかも横書で・・・。これは僕が好きな深田恭子さん主演したドラマで東大卒の商社エリート役の瑛太さんの弟さんも画用紙横書を進めていましたし(笑)それはさておき、外資の会社やエリート大に憧れた事はなかったとは言えないけど、望んでなかったからならなかったんだと今は思えます。学歴や勉強ができる事は重要な要素ではないのだという実例を、あの超人的な力を見て仕事をさせてもらったおかげ。人より突き抜けられるのは、それが好きとか、熱意とか、執念みたいな、よくわからん人間くさいアナログな力でしかないのだと。脳みそ筋肉みたいな事言ってますがそれは間違いですし、僕だって限られた時間を効率よく活かしたいので、こういう本からも学んでますが、ベースとなる生き方の基本みたいな考えを学べて本当によかった、そう思っています。また誰かに伝わるといいなと思っています。
最近、ほんとに職人が不足しているんだな~って思います。職人さんは忙しいらしく清掃スタッフも人手が足りません。・・・・今日はライフワンの影武者Yさんの匠のワザを紹介します。彼はいろんな(^-^)を持っていますが、この日はクロス職人としてテクニックを披露してくれました。Yさんいつもありがとう。何があったか知りませんが、こういう「壁ドン」の跡がたまにあります・・・。これが愛の告白の跡ならいいのだけれど(笑)ぼくら不動産屋ってのは人生の縮図をよく垣間見ます。みなさんが幸せであったらいいなと、壁ドンを見てそう思います。

先日、池上彰さんのTVでフェイクニュースの怖さを知りました。動画ってまぎれもない真実を切り取ったもので裁判の証拠にもなりえるものだとちょっと前まで僕も思ってたけど、プロに加工させたらオバマ前大統領にとんでもない発言させてしまう事さえ簡単だそうで・・・。だから動画を見て、みんながそう言ってるからホントの事だろ?というエビデンスでリツイートして拡散するとか、FBで「いいね」してたら、僕等だって加害者になる可能性も十分にあるのだと。その情報がちゃんと正しいかどうか見定めて冷静さを持つ事が大事だと。何を以て正義とするのか?もし正義がひとつなら世界に争いなんて起きない。そういう冷静な判断ができる人は、パレート法則のように世の中の20%くらいしかいないと思っています。残り80%のうち60%は条件が合えば、環境が整えばできる人。残り20%は・・・。(と同時に、誰もが誰かの役に立ってるという事は真実です。)。良くしようと思って、悪くなった原因と思った下の20%を切ったって、その上の60%の中から新たな下20%が生まれてしまう・・・。何度も何度も同じことを繰り返す人類の歴史が証明してるそうです。昔、僕はこの本からそれを学びました。そしてそれを知ってそれとどう向き合うか?これが難しいですね(^^)
世界・街・旅 · 07日 6月 2019
昔から小麦が常食の欧州では、セリアック病、リーキーガット症候群など、小麦に含まれるグルテンが原因の病気が多いと言われ、そこらへんにある街スーパーでさえ、グルテンフリーや乳製品アレルギー対応デイリーフリーが当たり前だってこと、現地に行って初めて知りました。それを取り入れる事が僕が旅する理由の1つです。欧米圏にいるとグルテンアレルギーの心配がなく安心して過ごせますので。しかし世界トップクラスの東京と言えども、グルテンフリーやベジタリアン食では後進国で、対応店をネットで探したって数店舗・・・というのが現実(しかもおしゃれ、ダイエットが優先なので量も少ないしお高いし・・)。もっと言えば、ヴィーガンやHALAL対応なんて全然ない。 ないなら自分で創ったらいいじゃん?って、若い頃インドネシアに留学しHALALに慣れてる日暮里のIさんと飲んで話したのはほんの少し前。(笑)多少なりとも世界を見ている山田くんなら、もっと人の役に立つことができるだろ?って(笑)。広い世界で、人と会う事で、旅する事で。自分という生き物がどんな形をしてるのかって事がわかってきた気がします。グルテンフリーを知ってる方、僕に力を貸して下さい!

世界・街・旅 · 02日 6月 2019
特別でもなんでもない日でも、思い立ったら、高価なものでなくていいから、花を飾れて、今日を迎えられて良かったな、さ、頑張ろうって、心のゆとりがあるといいなと思います。駅前を通る人が少し幸せに感じてくれたらなと思って植えているライフワン店先にある花が枯れないようにってなるべく毎日お水をあげています。いま旬のあじさい。土がアルカリ性なら青色で酸性ならピンク色になるのはアントシアニンとアルミニウムという物質が色を決めるからだそうです。人生も、不動産投資も、きっと土壌が大事。なんのため?どうなりたい?どう成長したい?自分はどんな力を持ってて、どういう花を咲かせられるんだろう?って。いきなり綺麗な花は咲きません。花も人もたぶん一緒。華やかな花の下には、ひっそりと、そして、しっかり張った根や土壌があってこそ。
僕は今日宅建士の免許更新の研修で一日軟禁されておりました。令和になったから結婚したとか、ゲン担ぎ的捉え方をされる方も多くいるようですが令和になったばかりの5月に主任者から宅建士に格上げされた感のある自分の免許証を見て、いったい何回目の免許更新かもうわからないけど、新元号の免許もらって有り難いのかもな。と頂いてきました。偶然隣り合わせた15年来の付き合いがある先輩社長と話したんですが、「俺たちも前の方に座るようになったんだな」って・・・。(免許番号が若い順に並ぶため。I塚さん、お昼ごちそうさまでしたっ!)ほぼ9時から5時までみっちり、鑑定士・弁護士・税理士という専門家の講義を受け知識をブラッシュアップしてきました。

世界・街・旅 · 22日 5月 2019
i'm hiroshi .yamada .i 'm the president of life1 co.ltd that has been recommended a realestate investments around tokyo area japan .we're good at realestate investments. i love to see the world and see the people living there.when i traveled north europe, i found a truth . i realized that real estate in tokyo is very valueable in the world. there 're many apartments that have over 10% yield .you will know when you find your properties in tokyo and saitama pref. your dream life starts with us....
アジア初出店はやはり日本。そして、表参道からでした。ARTEKという高級店を展開するフィンランドきってのデザイナーAALTO夫妻たちが立ち上げた店です。4/27に開店したそうです(まだ行ってないです)。僕はヘルシンキで何度かARTEK店内を見せて頂いたけど、かなり高価。でも置いてあるものは一流品ばかりで、他に替えが効かない、飛びぬけたデザインのものばかりで一目見たら虜になるようなものが多い・・・。世界史の中で、スウェーデン、ドイツ、ロシアに支配された事がある小国フィンランド。そのフィンランドは、今、世界でトップクラスの人材育成や教育システムが整っていますし、AALTOさんがヘルシンキに創ったAALTO大学には、世界中から若者が学びに来ているそうです。頭でどんな凄い事を考えようとも、行動しなけりゃただの夢想家で終わってしまう。行動する事でしか自分の世界は変わらない。逆に言えば行動すれば世界や未来は変える事ができるという事だという証明。だから僕は僕自身にも言い聞かせています。失敗してもいい。でも何度も同じ失敗をしていてはダメ。そこから学べ。何度でも立ち上がれ。そして一歩前へ。やり続けるという事が大きな差を生むのだと僕等はもう知っているのですから。

前職スターツ時代に受けさせて頂いた研修で学んだ「ジョハリの4つの窓」。使い捨ての不動産業界の中で異彩を放ってきた、人を育てる文化があるスターツでは色んな概念を学ばせてもらいましたが、あれから15年以上も経って、あの頃教わったモノは今でも自分の中に根付いてるなって自分の発言で思い出しました。当時は業績挙げてれば良いという風潮はあったものの、上司、チームメンバー、関係部署の人から360度の評価をもらうという結構辛い評価制度も試用されていました。みんな、なるべく良い評価がもらえるような人を選んで頼んだそうで・・・でも僕は、未来の自分の為に、自分は変わらないといけないのだな、耳の痛い話も聞かなきゃって思ってましたが実際聞くのは辛いことも多いです。他人なしでは自分の本当の姿を見る事はできないっていう事を、この時の壁を超えてから分かるようになりました。ずっと同じところに居ると周りが変化してる事に気づかないで、水が入った鍋に入れられたカエルのように、水温がじわじわ上がってる事に気づかず、茹でられて死んでしまうかもしれません。僕は自分のunknownフィールドを開拓し成長させ続けたいと今も思っています。
世界・街・旅 · 08日 5月 2019
これは、パリ市街地で見かけて気になったので撮ったビルの壁に貼ってあった看板です。自分は権利がある、だから当然。もっとよこせと主張する方も多く見受けられますが、僕が知るトップクラスの人は、与える事が喜びで、その結果、心もお金も豊かになれるんだそうです。僕はその途中までは来れたと思ってるのですが、先はまだまだ長いかな~とこの看板を見て思った事を思い出します。人に与えるという事は、ある意味なんでも良いのでしょうが、その解釈は結構難しい・・・。お腹がすいた人に魚を釣って来てあげるより、魚釣りの仕方を教えてあげた方がその人の為になる。そこで暮らす人々が幸せに生きていける為に魚が尽きないような環境を整える事も大事。池や川、湖や海。自然の恵みが長く続くよう行動ができる人になりたいなと思います。行動と結果、作用と反作用、因果応報、常に表裏が存在するという事。物事を多面的にとらえ冷静に行動したいものです。

さらに表示する