ワシントンDCのパメラさんと ミネソタのリズさん 約1年ぶりの再会は 新橋の第一ホテル東京でした。 そういえば高級ホテルに行くのは ずいぶん久しぶりでした。 古巣スターツの月次の責任者会議は 新浦安ヒルトンとかシェラトン、 東京駅だと八重洲富士屋ホテル。 期初は品川プリンス 高級ホテルでやってくれていたなぁ。 という事を思い出しました。...
世界・街・旅 · 09日 11月 2019
2018年にフィンランドでお会いした アメリカ人の素敵なマダム パメラさんとエリザベスさん。 なんと、先日日本に旅行に来てくれました! お招き頂き、都心某所で2時間くらいお食事しました。 (2時間ネイティブとの英語漬けは、軽い脳しんとう状態・・・) その時に、リズさんから心温まる手書きのメモと一緒に ワイルドライスをいう食べ物を頂きました。...

新建材(若い人はあまり言わないか・・・) と呼ばれる日本の建材は 細かくなった木のチップの合板ボードや 木くず等を高温で固めたMDFに かつお節みたく、うすーく削った木を シートみたいに貼ったものがほとんどです。 これはこれで、技術の賜物でして たくさんの木を必要としないわけで ある意味でエコです。 単板は高いけど...
昔見た海外アニメの中には、 オヤジになってから見ると うーん、実は凄い深い事を言ってたんだなあ、 という気づきがあったりします・・。 例えば、 アメリカのスヌーピー。 ライナスが、チャーリーブラウンに かなり凄いことを言ってます。 フィンランドのムーミンならスナフキン。 (あ、スナフキンとミーは兄妹だって知ってました?)...

ヨーロッパへ最速で着く航空会社は、 フィンエアーを利用していく ヘルシンキのVANTAA(ヴァンター)空港だそうです。 だから、 ヴァンター空港と言うと、 他EU国への乗換で使った事ある~。 という方の方が、多数派 (ヴァンターあるあるって 言うんですかね。) だそうで、フィンランドで降りる方は 意外なほど少なかったりします。 あんな大型機2機飛ばして...
旅先で見つけた、 大昔と同じような方法で作られたノート。 古代エジプトのパピルスのように 何かの植物を煮て漉いた紙、 そして 革をなめし文字を綴ったカバー それにとても惹かれました。 ひらめきの本 夢の本 秘密の本 良き考えの本 こうやって文字は悠久の時を超え 現代に生きる僕にも 閃き を与えてくれます。 起きた出来事自体に意味はないと言います。...

世界・街・旅 · 30日 10月 2019
グルテンアレルギーの妻のために 小麦に入っているグルテンが含まれない グルテンフリーでおいしいものを捜したり 家で作るようになりました。 まあ、それもこれも、 何人かのお医者さんにテキトーに診断されて なんか違うんだよな? って長年違和感を感じつつ、 人体実験を繰り返し、 おお、これはグルテンアレルギーなんだ! とある時確信したんですよ。...
市街地から数駅先にある アアルト大学を見に行ってみました。 ここは3つの大学を合併させ フィンランドにイノベーションを起こそうと 卒業生で世界的に著名な建築家アアルトさんの名を冠した大学です。 建築など見どころは多数ありましたが 残念ながらお休みでした。 豊かな緑と、 モダンデザインの調度品など ここで勉強してたら、 いい発想が浮かびそうだな~...

小学校の頃、 道端にたまに落ちてたどんぐりを拾って よく家に持ち帰ったな~と。 あたまのキャップがついたままのが落ちてると なんか得した気分で・・・・ パカっとキャップを取るのも楽しかった。 パカっとね。 キャップの中は少し色が違うんですよ この照明を見て思い出しました。 僕が大切にしている本には、こう書いてあります。...
世界・街・旅 · 23日 10月 2019
スオメリンナ島(要塞) ヘルシンキの観光名所なのですが 4度目にして初めて行きました。 地元の人にも定番だそうで、ピクニックみたいな感じで 飲み物と食べ物を持ち込んでみんな思い思いに、 大切な短い夏を楽しんでいました。 街には流行りのスポットもあるけど、 マストだとか言って並ぶ感じは滅多になく 渋滞も、混雑も、ほとんどない。...

さらに表示する