デザイン・バリューアップ・融資

昨年から、好きな国の新聞を何誌か見るようになり 辞書で調べ調べ、昼休みによく読んでいます。 先日は、好きなフィンランド 首都ヘルシンキの近くの都市エスポーで走る 無印良品の無人バス、GACHA BUSに目が止まりました。 2019年春から走りだしていましたそうですが ロンドンデザイン美術館のベストデザイン賞を もらったんだそうです!...
僕がお世話になっている 不動産投資家KさんからTシャツ頂きました! 懐かしい、NIRVANAの故カートコバーン。 1990年代前半グランジロックの金字塔 smells like teen spirit. そういえば、何度も聞いたよなぁ・・・。 Kさんは、あるアパレル関係の役員さん。 聞けば、僕になにがいいかなって 40代のスタッフに聞いて回って 選んでくれたんだそうで、...

新建材(若い人はあまり言わないか・・・) と呼ばれる日本の建材は 細かくなった木のチップの合板ボードや 木くず等を高温で固めたMDFに かつお節みたく、うすーく削った木を シートみたいに貼ったものがほとんどです。 これはこれで、技術の賜物でして たくさんの木を必要としないわけで ある意味でエコです。 単板は高いけど...
ヨーロッパへ最速で着く航空会社は、 フィンエアーを利用していく ヘルシンキのVANTAA(ヴァンター)空港だそうです。 だから、 ヴァンター空港と言うと、 他EU国への乗換で使った事ある~。 という方の方が、多数派 (ヴァンターあるあるって 言うんですかね。) だそうで、フィンランドで降りる方は 意外なほど少なかったりします。 あんな大型機2機飛ばして...

市街地から数駅先にある アアルト大学を見に行ってみました。 ここは3つの大学を合併させ フィンランドにイノベーションを起こそうと 卒業生で世界的に著名な建築家アアルトさんの名を冠した大学です。 建築など見どころは多数ありましたが 残念ながらお休みでした。 豊かな緑と、 モダンデザインの調度品など ここで勉強してたら、 いい発想が浮かびそうだな~...
小学校の頃、 道端にたまに落ちてたどんぐりを拾って よく家に持ち帰ったな~と。 あたまのキャップがついたままのが落ちてると なんか得した気分で・・・・ パカっとキャップを取るのも楽しかった。 パカっとね。 キャップの中は少し色が違うんですよ この照明を見て思い出しました。 僕が大切にしている本には、こう書いてあります。...

フィンランドの首都ヘルシンキでは、 marimekkoなどのテキスタイルや iittala、ARABIAなどのテーブルウエアも見逃せませんが aaltoさんに代表される建築物以外にもたくさんの建築物があり 建築好きな僕の見どころがたくさんあります。 ここは、セントラル駅の近くKAMPPI駅の木造礼拝堂。 日本人に親しみ深い木造建築も、 彼らにかかるとこんな感じになります。...
街歩きが好きな僕としては ヘルシンキの武骨な金属の箱が気になります。 絵がうまい人がたくさんいるんだなぁ。 さすがデザインの国の首都。 消すにはもったいないアートになっていて 誰も消さないようです。 最初の頃は気づかなかったんですが そういえば、ヘルシンキも電柱や電線がない。 って事は、この箱は電気の変圧器、...

フィンランドとスウェーデンの北部には オーロラが見えるラップランドという極寒地域があります。 https://www.visitfinland.com/ja/kiji/kyokuya-no-mahou/ その地域で複数のホテルを展開されている rapland hotelsさんが 2019年ヘルシンキにオープンしたので 思い切って行ってみました。 昨年宿泊した、カウパットリ近くのF6ホテルは デザインもさることながら...
映画かもめ食堂で、片桐はいりさんが トナカイの肉を買いにきた ここ、ハカニエミのマーケット。 そういえば、2018年は寄るのを忘れたので 2019年、寄ってみたら、 建て替えてて、こんなにカッコいいのに仮店舗らしいんです。 (もう一棟は解体前) 写真は、2015年、2017年、2019年ですが 地元の商店が減り、おしゃれな店が 増えた感じがします(山田比)...

さらに表示する