想い・気づき・心の在り方

1杯のコーヒーが気づかせてくれる事。 宿泊先のホテルの朝食レストランが混んできた。 次の人たちも快適に過ごせるようにそろそろ出よう だけど、も少しゆっくりしてから出かけたいなと なにげなく手に取ったコーヒーカップ。 そのデザインと言葉が気に入って ラップランドホテルの窓辺に飾ってみました。 「君は自然環境保護を選んでる」...
電柱が多すぎて景観も損ねている とオリンピック前に世論も動き始めたところ 先の台風での千葉での被害。 僕の物件もあちこち電柱が入っているから 東電さんから(ちょっとだけ)お金を頂けています。 投資家目線で見ればありがたいのですが 倒れ方によってはかなりの破壊力となることが 今回証明されてしまったわけです。...

サラリーマン辞めて数年経つまでは、 うるさいムクドリ以外とゴミを荒らすカラス以外 鳥を気にする余裕がなかったのですが (やることなすこと必死過ぎたみたいで) ここ数年、鳥が好きになりました。 北欧のデザインで、 小鳥が多く使われているせいからかもしれません。 休んじゃいけないよ。 遅刻しちゃいけないよ。 皆に合わせなきゃいけないよ。...
今回のヘルシンキでは、 「ハッピーorノット」 と書かれた白い機械を何回か見ました。 写真は、アアルト大学内にあるカフェの入口にあったもの。 店のサービスがどうだったか? 利用者が4段階で投票できる機械。 色も、デザインもいい。 月に何度も何度も読み返す 僕が大切にしてる本にも書いてあるのですが、 自分たちの報酬は、...

日本より先に高齢化社会を経験している北欧諸国 車いすの方が一人でも移動しやすい工夫がされていて 駅員さんの補助なしでもトラムや電車に乗れます。 盲導犬ではなさそうなのに 電車内や、デパートに普通に犬がいます。 しかし、飼い主のしつけが素晴らしく、 かつ、あきらかに紳士淑女。 飼う人の品格も見て取れます。 公共の場に犬を連れてくる人は...
25%か・・・。 利回りの話ではありません。 デンマークの消費税です。 そして所得税52% 自動車税に至っては150% (3年前まで180%だったそうで)。 車 自転車 歩行者 それぞれレーンがきっちり分かれていて 車と同じ方向に自転車が走る規定になっています。 北欧もアメリカと同じ右車線走行なので、...

先日、池上彰さんのTVでフェイクニュースの怖さを知りました。動画ってまぎれもない真実を切り取ったもので裁判の証拠にもなりえるものだとちょっと前まで僕も思ってたけど、プロに加工させたらオバマ前大統領にとんでもない発言させてしまう事さえ簡単だそうで・・・。だから動画を見て、みんながそう言ってるからホントの事だろ?というエビデンスでリツイートして拡散するとか、FBで「いいね」してたら、僕等だって加害者になる可能性も十分にあるのだと。その情報がちゃんと正しいかどうか見定めて冷静さを持つ事が大事だと。何を以て正義とするのか?もし正義がひとつなら世界に争いなんて起きない。そういう冷静な判断ができる人は、パレート法則のように世の中の20%くらいしかいないと思っています。残り80%のうち60%は条件が合えば、環境が整えばできる人。残り20%は・・・。(と同時に、誰もが誰かの役に立ってるという事は真実です。)。良くしようと思って、悪くなった原因と思った下の20%を切ったって、その上の60%の中から新たな下20%が生まれてしまう・・・。何度も何度も同じことを繰り返す人類の歴史が証明してるそうです。昔、僕はこの本からそれを学びました。そしてそれを知ってそれとどう向き合うか?これが難しいですね(^^)
僕は今日宅建士の免許更新の研修で一日軟禁されておりました。令和になったから結婚したとか、ゲン担ぎ的捉え方をされる方も多くいるようですが令和になったばかりの5月に主任者から宅建士に格上げされた感のある自分の免許証を見て、いったい何回目の免許更新かもうわからないけど、新元号の免許もらって有り難いのかもな。と頂いてきました。偶然隣り合わせた15年来の付き合いがある先輩社長と話したんですが、「俺たちも前の方に座るようになったんだな」って・・・。(免許番号が若い順に並ぶため。I塚さん、お昼ごちそうさまでしたっ!)ほぼ9時から5時までみっちり、鑑定士・弁護士・税理士という専門家の講義を受け知識をブラッシュアップしてきました。

前職スターツ時代に受けさせて頂いた研修で学んだ「ジョハリの4つの窓」。使い捨ての不動産業界の中で異彩を放ってきた、人を育てる文化があるスターツでは色んな概念を学ばせてもらいましたが、あれから15年以上も経って、あの頃教わったモノは今でも自分の中に根付いてるなって自分の発言で思い出しました。当時は業績挙げてれば良いという風潮はあったものの、上司、チームメンバー、関係部署の人から360度の評価をもらうという結構辛い評価制度も試用されていました。みんな、なるべく良い評価がもらえるような人を選んで頼んだそうで・・・でも僕は、未来の自分の為に、自分は変わらないといけないのだな、耳の痛い話も聞かなきゃって思ってましたが実際聞くのは辛いことも多いです。他人なしでは自分の本当の姿を見る事はできないっていう事を、この時の壁を超えてから分かるようになりました。ずっと同じところに居ると周りが変化してる事に気づかないで、水が入った鍋に入れられたカエルのように、水温がじわじわ上がってる事に気づかず、茹でられて死んでしまうかもしれません。僕は自分のunknownフィールドを開拓し成長させ続けたいと今も思っています。
猫も杓子も令和、民衆の力ってすごいな~って改めて感じます。power to the peopleとジョンも歌ってましたね。今日は日本に20年住んで永住権を持った外国人女性からお電話をもらい、「happy new...

さらに表示する