武里団地の新たな試み

約6000世帯のマンモス団地
約6000世帯のマンモス団地

建替が進む草加の松原団地(全戸賃貸)と並ぶ、東洋一と言われた「武里団地」(5街区のみ分譲)にも変化が。官学連携の団地活性化推進事業として、県立大学、共栄大学の学生さんが武里団地に入居し地域貢献活動を行う、大学を通じて、家賃と大学までの交通費の2分の1を助成(←ちょっとずるい?)を行っているそうです、西東京でも「あえて団地」でリノベーションする事例が増えています。余剰容積率のある立地の良い団地を安く買って定期借家で賃貸しながら保有するプランも10年単位の投資として化ける可能性がありますね。