不動産管理 モノだけじゃなく心を伝えられる仕事

エアコンが動きません、暑くて死にそうです。しかもIHクッキングヒーターも今日動かなくなりました、助けてください。とある管理物件の入居者さんから入電・・。この手の苦情は想像すると心が痛くなりますね。留守電で逃げられる大きな管理会社とは違い、ライフワンは「暮らしを、心を豊かに。」とか言ってる会社。そのシャチョーとしては、困ってる入居者は救ってあげたいと思うんです、だって、人と人との信頼関係が長期入居につながるしそういう積み重ねが、投資家のCFUPになるって私が知っているから。でなきゃ、うちみたいな企業が存在する意味もないでしょ?って。(笑)しかし・・発注して納品までどうしても時間がかかる。この間の入居者さんの不便さを考える。そして同時にオーナーの出費を考える。私も心が痛むんです。(たいていの管理会社は利益乗っけて、儲かるーって喜んでますが。)そんな時、相手の事を想い、電気ストーブやら冷風機、カセットコンロなどライフワンの備品を届けています。そう。だから私達が届けているのは、単なる「モノ」ではなく、「心」なんです。心を届けてるんです。えっ?めんどくさい??そうです、あんまり儲からないしスゲーめんどくさいです。でも。こんな僅差の積み重ねが大差を生むって確信してるんです私。そうそう、ちなみにこの数日エアコンなしで試しに私も寝てみましたが相当つらいです。アホみたいな実験をする事も時には大事、そういう愚直さを大切にしています。