不動産投資 旧レオパレス 玄関ドア修理

クリーニング隊長のYさんから、ドアが当たって開きづらいと連絡
クリーニング隊長のYさんから、ドアが当たって開きづらいと連絡
まずドアクローザーを外し、ドア自体も外します
まずドアクローザーを外し、ドア自体も外します
経年劣化でワッシャーがドア自重でぺったんこ、そこに針金が巻かれていました
経年劣化でワッシャーがドア自重でぺったんこ、そこに針金が巻かれていました
ドアを外さず針金で対処していました。厚みのあるワッシャーと交換。
ドアを外さず針金で対処していました。厚みのあるワッシャーと交換。
これ1個で2mmくらい高くなって枠に当たらなくなった
これ1個で2mmくらい高くなって枠に当たらなくなった
グリスアップして水が入らないようにします
グリスアップして水が入らないようにします

これはよく見かける昭和60年頃から平成初期のレオパレス物件で、全国で数多く流通しています。自分も持っているよ?という投資家も多いのではないでしょうか? この旧レオパレスの玄関ドアが閉まりにくいし、傾いでるかも?という清掃班隊長から連絡を受け「あーそこですか、一人じゃ重たいから外すの手伝いに行きますね」と山田も立ち会い。ドアを外して修理するテクを隊長に伝授し、これでレオパレスシリーズは攻略OKです(^^)。と同時に、投資家さんにもお役に立つなと思い、ブログUPしました。