#自転車王国デンマーク#コペンハーゲン#ヒュッゲな時間#幸せ度ランキング#不動産投資

2度目だけどとにかく自転車が・・・
2度目だけどとにかく自転車が・・・
赤い前カゴに奥さんとお子さんが乗ってます
赤い前カゴに奥さんとお子さんが乗ってます
自転車は電車に持ち込めるのが北欧だ
自転車は電車に持ち込めるのが北欧だ
こんな感じで自転車が停められる
こんな感じで自転車が停められる
自転車が倒れないようにタイヤを挟む装置
自転車が倒れないようにタイヤを挟む装置
公園にあったコーヒー売る自転車。こころ豊かな時間が過ごせる
公園にあったコーヒー売る自転車。こころ豊かな時間が過ごせる
自転車やさん 1台4万円前後が主流のようです
自転車やさん 1台4万円前後が主流のようです
木箱がかっこよかったりする
木箱がかっこよかったりする

25%か。利回りの話ではありません。デンマークの消費税です。そして所得税52%、自動車税に至っては150%(3年前まで180%だったそうで)では、車・自転車。歩行者レーンがきっちり分かれていて車と同じ方向に自転車が走る規定になっています。北欧もアメリカと同じ右車線走行なので、何度か自転車に轢かれそうになりました(笑)。デンマークでは自転車が必須で、子育て世代用にカスタムされた前カゴがついた3輪自転車もかなり多く見かけます。これだけ税金が高いけど、医療費無料、大学まで教育費無料、地方議員は報酬無しのボランティア等。それでいて、自分たちは世界一幸せだと国民の多くが思っているのがこのデンマーク。(国連調べ。ちなみに2019年はフィンランドが1位、日本58位)今回2度目のコペンハーゲンでしたので、地元の方にまぎれて市場でお話してみましたが、ホントにそう思ってるみたいだなと。ダニッシュデザインと言われるデンマーク製の高級インテリアはもちろん、プチプラのflying tiger、ASOKO、sostrene greneなど彼らのプロダクトは世界中に広まり、暮らしを豊かにしています。人から見たら、生き急ぐような感じがある僕は、彼らのhygge(ヒュッゲ)と言われる暮らしから、学ぶべきことが多いと今回強く感じ、これから実行に移していこうと考えました。ちなみに、国連レポートはこちら https://worldhappiness.report/