· 

#自国を語る#自分を語る#数字で日本を語る#finland facts#不動産投資

 

これは、フィンランドを簡単に数値化したペーパー。

 

国民食はライ麦パン

コーヒーを年9.6kgも消費(飲む)

75%が森林で覆われてるとか

5%がスウェーデン語を話すとか

230万件のサウナがあるとか!

 

自分の国の事って意外と語れないものです。

 

ライフワンの外国人入居者さん、

旅先でお話した方々に、

日本の事を聞かれるんですが、

 

自国や身の回りの数字を

意外と把握してないんだな

という事に気づかされます。

 

東京圏の不動産の事を聞かれたりすると

んー、大きさは60~100㎡くらいでね、、

価格は3,000~5,000万が多いかな。

 

って言いたいんですが 

英語には、万単位がないため、

千に計算し直すのが、ずっと難しくて、

頭の中にカンマの位置 ,000,000-を並べ直して

言えるようになったのは、実はまだ最近。

 

更に、

 

ドルだといくら?

ユーロだといくら?

 

って聞かれるんですよ。

 

頭がコンランショップ。

 

 

礼金って何なの?

おでんって何?

スモーのチケットはなぜ高い?

油ボトルはペットボトルと何故違う?

同じプラスチックじゃないか!

などなど・・・

質問攻めにあったりもします。

 

  

それはそうと

旅先でお会いした、アメリカ人の素敵なマダム達が

来月来日される事になり、お食事に誘って頂いたので、

日本の事、自分たちの事、アメリカの事、

せっかく再会できるのだから、なるべく伝えられるようにしたい

そう思って、いま

youtube あいうえおフォニックス 愛用中。

      ↓

https://www.youtube.com/watch?v=P7aR_7QWGRg

 

しょうもないカナカナ英語みたいな、でる単とか

ひたすら覚えて寝て起きたらもう忘れているのでなく

こういう役に立つのを、中学生の時勉強したかったなあ。

 

綺麗な発音を覚えれば、同時に聞き取り力も上がるし。

ネイティブの文章の縮め方も、ああそういう事だったんだ!

って分かるし。

 

不動産屋も国際化し始めていますので

このフィンランドのペーパーのように

外国の人に自分の事、自国の事を簡単に説明できる力は

常日頃から磨いておくに越したことはないようです。

 

5G翻訳に期待しつつも、

まずはちょっと上、ワンランク上

を目指していきたいと思います!

 

 ↓ あいうえおフォニックスはこちら。