#昔のノート#夢を書き留めるノート#嘘やゴマカシは長続きしない#不動産投資

 

旅先で見つけた、

大昔と同じような方法で作られたノート。

 

古代エジプトのパピルスのように

何かの植物を煮て漉いた紙、

そして

革をなめし文字を綴ったカバー

それにとても惹かれました。

 

 

ひらめきの本

夢の本

秘密の本

良き考えの本

 

こうやって文字は悠久の時を超え

現代に生きる僕にも

 

閃き

 

を与えてくれます。

 

起きた出来事自体に意味はないと言います。

●という事があった。ただそれだけ。

受け手の心の在り方で変わる。

 

その事に

 

ネガティブな意味をつけるのか?

ポジティブな意味をつけるのか?

それは、自分の意思で決められる。

 

それは、

人生を変えてしまうほどプラスにもできる。

周りを焼き尽くすほどマイナスにもできる。

 

僕が50年、今まで見て来た限り、

過去の出来事に縛られ、その囚人となり

自分がいかに重要な人間なのか、同時に

どれだけ可哀想なのかと不幸自慢をし

辺りの人間や環境を呪うかのごとく生きる人

こういう人たちも2%くらい存在しているようです。

 

心の鍛錬の仕方で

たいていの事はどうにでもなる。

先人達は僕に教えてくれました。

 

そんな僕だって、

 

そんなの精神論だろ?

そんなのいいから

手っ取り早く、テクニックを教えてよ。

 

と思ってた時期も短くはなかったんです。

でも本当のことに気づけて良かった(^^)

文字が、僕に未来をもたらしてくれた。

夢をノートに書き留めよう!

そして、それをアホみたいに実行!

なんか違うな、と思ったら修正。

そして行動!

何度でも何度でも。

 

嘘やゴマカシって

その場はうまくやり過ごせるかもしれませんね。

でも1年持たないんじゃないか?

 

結局、自分のやった事って

自分に気づくまで付いて回ります。

 

だから、誠実に愚直に繰り返していけば

あなたの未来はきっと

輝かしいものになるはず!