木造ツーバイフォー2×4 不動産投資

主に2×4インチの木材と壁で強固な箱を構成するダイヤフラム。地震・火災に強い
主に2×4インチの木材と壁で強固な箱を構成するダイヤフラム。地震・火災に強い
壁で6面体を構成し強固な躯体となります
壁で6面体を構成し強固な躯体となります

寒さが厳しい欧米でポピュラーな2×4造。

日本では、札幌の時計台が古い2×4造として知られています。

もう築140年くらいになるでしょうか。

 

ご存知のように、日本も木造が主流ですが

戦乱や地震、火事が多かった昔は、

隣に燃え移らないように、

壊しやすい瓦屋根・泥壁が主流だったですし

湿気も多いので、開口部を開け放てる

風通しがいい家が主流となったようです

諸説あり(笑)

 

それで、この2×4は、

壁6面のダイアフラムという構造で

ファイヤーストップ効果が高いため

地震だけじゃなく火事にも強いんです。

 

家が密集してしまった現代の東京圏では

とてもマッチしてると思います。

 

また、ダイアフラムは気密性が高いので冷暖房費が安い。

1部屋にエアコン1台が当たり前の今の時代には

この点でもマッチしています。

 

僕が子供の頃、茶の間に茶色いエアコン1台だったよな・・。

もしかして、中学に上がってからだったかもしれません。

でも、あるだけよかったのかな、なんて思いつつ。

 

次に自宅を建てるなら、2×4がいいなあと、僕もしみじみ。

ちょっとお高いのが玉にキズですが

みなさまも、ぜひ2×4もお試し下さい。

 

あ、欧米に中古の木造の家を買って住んでも良いのか!

 

築100年くらいかな・・・ なんて(笑)

僕の妄想は止まりません!