ビンテージ浴室灯 不動産投資

凄くコンパクトな蛍光管、初めてみました!

ライフワンから買って頂き、管理させてもらってる

ビンテージ系の1棟マンションの浴室についてました。

 

きっと松下幸之助さんが日本中の電気店に

電球をがんがん売って、国民の暮らしを豊かにしていた

あの「明るいナショナル」の頃のもののようです。

 

蛍光灯は白熱球より電気代が安くて

寿命が長いと言われていました。

蛍光管を丸めて電球サイズにしたパルックボールとか、

高かったけど、画期的でしたからね。

 

ikeaでLED電球100円くらいで売ってる時代に

今でも1,000円するから高いんですけど

ツイン蛍光灯とか、ソケットの差し込み部分が特殊だから

照明器具ごと取り換えないとダメなんですよね・・・

それで仕方なく球だけ交換してますが

ものづくりが上手ですよねえ。

 

こういうのを世界統一基準にすれば

世界中が豊かになるのに。と思うのですが、

日本メーカーは技術力が凄いからか

なかなかそうはいかないみたいで・・・。

 

世帯数あるワンルームの廊下なんかに

ツイン蛍光灯を使われると大家さんも辛いです。

ひとつ置きに球抜いてみたりしてますけどね。(笑)

 

たまに入居者さんから

暗いんじゃない?って指摘受けますが

 

温暖化防止とか、save the earthって言ってます。