不動産産投資 黄色い壁 コスパ高いリフォームを

スウェーデン第2の都市、マルメにあるデザインセンター
スウェーデン第2の都市、マルメにあるデザインセンター
これでどうかな?、いいねえって始めたみた
これでどうかな?、いいねえって始めたみた
引渡時の様子 これじゃだれも入らねー。
引渡時の様子 これじゃだれも入らねー。
もともと貼ってあったタイルに合わせてみた(リフォーム途中です)
もともと貼ってあったタイルに合わせてみた(リフォーム途中です)

これは、数百年前のビンテージの木造建築物で、

スウェーデン南のマルメーという都市にある

デザインセンターです。

 

経年のせいか、

梁が曲がってますが(笑)

 

この、マスタード色と、

天然木の風合いがとても気に入って

そのうち、どこかで再現したいな

と、頭の中にインプットしていました。

 

今回、既存オーナーのIさんに提案して、

やってもらったのがこちら。

 

自分で投資やってないような

投資リテラシーがない不動産業者や、

稼ぐ事に優秀な営業マンなら

お客さんをおだててのせて

がんがんマージンものせて

そりゃー、かっこいいものを創るでしょう。

資産家さん相手なら、

賃料5,000円アップするために

1部屋300万円かけて

リノベーションしてくれるかもしれません。

 

でもね、

それって回収まで何か月かかるの?

その前に陳腐化したら、

またリノベさせるから気にしてないか・・・

 

彼らは自分では投資しないし

そもそもリテラシーを身に付けようなんて

これっぽっちも考えてないもの。

だいたいこういう人はステレオタイプ。

 

髪型は2ブロック、

あったまテッカテーカ。

(どらえもんの歌みたいだ)

サーファーでもないのに

一年中日焼けしてて、

歯はホワイトニング。

往年の東幹久より真っ白。

ベンツかBMW

そしてロレックス好き(笑)。

 

くるぶしまでの丈の短いパンツと

丈の短い靴下を履いてるのは

なんでだろう?

なんでだろう?

なんでだ、なんでだろう?

 

話は逸れましたが・・・

 

ライフワンは、そんなゆとりのある方じゃなくて

「持たざる者の味方」です。

不動産投資家にサービスを提供する

現役の不動産投資家です。

 

僕等や、大家さんの目的は、

かっこいい建物を所有する事でなく

入居者さんにサービスを提供し、

見返りとして家賃を頂くサービス業。

 

僕等の目的は、あくまで投資です。

 

だから、いつもコスパを追求しつつ

ワンランク上のデザイン性も目指しています。

アウトプットをするには

たくさんの良質のインプットをする事です。

 

いつも良いものが創れるわけじゃないですが

基本的には、たゆまぬ大量インプットの結果、

良いものが生まれる事もあります。

 

しかし。

今年は鎌倉しか行けてないから

インプットしに行かないとなー(笑)