不動産投資 一体型トイレは投資には不向き?

after 後付でシャワートイレ
after 後付でシャワートイレ
before
before

前回のブログの延長線上でもありますが

 

不動産投資家にサービスを提供する

不動産投資家の店、ライフワンでは

 

A 投資家のキャッシュフロー。

B その源泉たる入居者の満足度。

 

ともすれば、

Aばかりになりがちですが

このAB両方視点が大事です。

 

トイレも一体型はカッコいい。

前に立つと、蓋が自動であいたり

除菌してくれたり。

色がいろいろあったりね。

日本のトイレの進化は

間違いなく世界トップレベルです。

 

海外では、蓋もなく白が多いし。

(健康チェック、テロ防止)

 

でも。

どんなハイテクトイレも、

壊れたら全交換ですよ

5~10年で逝きますね。

 

ユキチが15人~20人くらい

一気に飛んで逝きます。

20世帯なら?

想像するだけで、恐ろしい・・・・。

 

シンプルなトイレが一番です。

温水洗浄便座は後付がおすすめ。

(ウォシュレットはtotoさんの

シャワートイレはinaxさんの登録商標)

 

ライフワンでは温水洗浄便座も標準設置しません。

だって、壊れたらオーナー負担だし、

女性は嫌がる人も割と居るし。

 

工事売上は上がらないけど、

うちは、そんなの気にしない。

 

Bの満足度を維持し

Aのキャッシュフローを上げて

儲かって次の一棟も

うちで買ってくれれば、OKなんです。

 

僕は小さいレンガを積んでるんじゃない。

多くの人々に、安息と救済を与える、

教会のような存在のレンガを積んでる。

そう思っています。

 

10年後の僕はどう思うかな?

こうしておけばよかったと思うかな?

 

トイレ交換するんだって

こんな事を考えちゃいます。

 

誰にもできる、並の仕事じゃー

ワンランク上にも上がれない。

 

たとえ、結果は同じだったとしても、

意図的に、ひと手間かけてみる。

 

このちょっとした心意気と行動が、

「一歩も引かないぞ」という凄みになり

違いのわかる本物の人に伝わる波動になる。

 

そんな視点をもって、この仕事をしています。