狭小ワンルーム 窓枠に学ぶ 不動産投資

世界で一番不幸なのは、

イギリス人のコックを雇って、

日本の家に住む事と聞いた事があります。

 

イギリス料理と言って僕が思い浮かべるのは

フィッシュ&チップス等のイモ料理と

白豆のトマト煮か・・・。(僕はどっちも好き)

 

日本の家と言って思い浮かべるのは

うさぎ小屋とか、

うなぎの寝床と揶揄される

狭小の住まい。

 

うんうん、どっちもわかりますよ。

 

それで、日本の、ー特に都心の住宅はー

狭いからこそ、なんとか快適に住もう。

と考えた、日本人の叡智が詰め込まれています。

 

ちなみにこの写真は、

ご存知の方も多いと思いますが

某上場ビルダーさんのアパートの窓。

 

部屋が狭いから、窓枠さえ有効活用する。

両脇にガチャレール(通称)打って、

1×4とかの市販の木を置くだけで

充分機能的でかっこいいじゃないですか!

 

この手のアイデアで、

安くても、暮らし安い住まいが提供でき

結果キャッシュフローが上がる。

 

カネはあまり掛けられないが、

借主さんに支持されなければ、

キャッシュフローは上がらない。

 

カネ掛けりゃ借主さんは喜ぶが

(工事業者もね)

キャッシュフローはむしろ下がる。

 

こういう、絶えず何か足りない

という飢餓に似た状態が

何かを生み出す原動力になる。

 

stay hungry

stay foolish

 

と言ったのは、

尊敬するスティーブジョブスさんだ。

 

趣味であれ、仕事であれ

人が見たら、バカなんじゃないか?

って思われるくらい、

時間を忘れのめり込めることがあるって

素晴らしいことだと思います。

 

そういうエンスージアズムを持って

夏は、北欧を中心に、

冬は南半球でのんびりしよう!

 

フランスかイタリアのコック付きで(笑)