床鳴りリペア  匠の技 不動産投資

7月~8月はスタッフ増減がありながら

大型管理移行を伴った大規模なリフォームを

東京・埼玉4カ所で合計24室同時に行ってて

僕は現場カントクみたいな事をしながら

通常の営業と、1階新規事業の準備をしてました。

この夏は、自分史上でも最高レベルの忙しさでした。

そこまで時間がないと、頭はモーレツに回ります。

 

この日は、床がギシギシ鳴る部屋の対応。

このまま募集しちゃったら、下階からも苦情になるな。と、

大工さんに床から張り替えてもらうつもりでいましたが、

そこまでカネ掛けていいんだろうか?

自問自答してたら、ドラマ半沢直樹の大和田常務のように

「いや、待てよ?」

と閃きが下りてきました。

 

スターツ時代からおつきあいがある

プロさえ唸るプロ中のプロ。(と僕は思ってる)

バーンリペアさんに相談したら

あ、床鳴りかんたんに直せますよ。との事。

 

前述の通り、死ぬほどいま忙しいのですが

その凄腕テクを見たくて立ち会いました。

 

するとどうでしょう・・・

 

「そんなん、チートやチーターやないか?

ベータのチーター、だからお前はビーターだ」

「ビーター?、いい名前だな。おれはお前らとはレベルが違う」

と大好きなソードアートオンラインみたいなセリフが

思わず口から出てしまいました。

 

投資家のみなさんも、この僕ですら唸る、

バーンリペアさんの技をとくとご覧下さい。