地方選に思う

昨日は埼玉県の県議選があり私も投票に行きましたが今回の地方選でも共産党が躍進された事に着目しています。道府県議選で前回の80議席を上回る111議席を獲得、2013年の都議選、参院選、14年の衆院選から引き続いての議席増、初めて全47都道府県議会で議席を確保し共産党を支援する方の総意が見て取れます。良い悪いの議論はさておいて、アベノミクスに相反する票が集まったという事実は、私達の賃貸経営上も無視できない勢力になってると思いますし、実際、株や投資に縁のない人の景気はまるで良くなってないという事実も見ていますので・・・。でも僕は平等な分配ではなく、公平な分配。つまり「人の2倍も3倍も頑張って、その結果が出たら、それはその人の成果だ」と認める社会であってほしいと思います。